まつ毛をしっかり伸ばすために食生活を見直す

まつ毛育毛に有効な魚介類長く太いまつ毛は、ぱっちりとした目を印象付けます。つけまつ毛やまつ毛エクステなどが流行し、いまや女性にとってまつ毛ケアは大切な美容法となっています。育毛剤や美容液なども発売されていますが、まつ毛をしっかり伸ばすためには規則正しい生活も大切です。とくに偏った食生活を送ると、どれだけケアを頑張ってもまつ毛はなかなか伸びてくれません。しっかりと伸ばし育てるためには食生活を見直すことが大切といえるでしょう。
まずピンポイントにまつ毛のみを伸ばすことは不可能です。体毛の一部ですから、育毛に効果的である食品・栄養の摂取を中心に行うことが大切です。
魚介類やヨーグルトに含まれている「ビオチン」には、アミノ酸や脂質の分解を助ける効果があります。ビオチンが不足してしまうと、タンパク質をスムーズに作ることができなくなってしまうため、毛や皮膚に大きな影響があると言われています。ビオチンをしっかりとることにより、タンパク質をつくることができ、体毛や皮膚の生成に好影響があります。
タンパク質でいえば、「メチオニン」の摂取も欠かせません。なぜなら髪の毛や体毛を構成するタンパク質のほとんどは、ケラチンと呼ばれる成分でできています。ケラチンの材料となるのがメチオニンです。髪の毛の健康を守る意味でも女性にとって欠かせない成分といえるでしょう。鶏肉や牛肉、かつおやナッツ類に多く含まれています。
ミネラル成分として体内の細胞に存在している「亜鉛」も大切な栄養素です。これには育毛の促進や抜け毛を防ぐ働きがあります。カニや牛乳、納豆などに多く含まれています。またまつ毛とは関係なく、不足しがちな栄養素であるため、健康という意味でも意図的に摂取することで大きなメリットがあります。

まつ毛育毛剤の使用もおすすめです

まつ毛は工夫次第で成長させることが可能です。短い状態だろうと伸ばすこともできますので、長さを出して存在感のある目元へと変えていくこともできます。
そしてその為によく利用されているのがまつ毛用の美容液です。塗るだけで成長を促進することができると言われており、薬局や通販などでもよく販売されています。しかしながら美容液ですとあまり効果が出ないこともあるようです。あくまでも化粧品の部類ですので効果の確実性はなく、結果的に殆ど変化がないようなことも珍しくありません。
美容液ではダメだった時にはまつ毛育毛剤を使用してみるのがおすすめです。美容液と違って医薬品成分が含まれていますので効果についての信憑性が高く、まつ毛を成長させられる可能性が高いと言えます。
まつ毛を伸ばすことができるメカニズムとしては成長期を延長させることができるからです。そもそもまつ毛が十分に伸びない理由は成長期が短いからであり、十分に育つ為の期間が足りない為に伸びる前に成長が終わってしまうのです。
そこで活躍するのが育毛剤ですが、成長期を延長させることができますので、通常なら成長が止まってしまう段階でもさらに成長させていくことが可能です。
育毛剤の効果はそれだけでなく、メラニン色素の生成をサポートする働きもあります。まつ毛の存在感をアップさせる為には黒々としたまつ毛を育てることが大切なのですが、育毛剤によってメラニン色素の生成が促進されることで黒々とした存在感を高めることができるのです。
このような働きが育毛剤にはあり、美容液とは一線を画す効果に期待ができます。美容液同様に塗るだけで良いので使用方法も簡単で手軽にボリュームアップができるのです。

まつ毛のケアの最適な方法は?

まつ毛を手入れする女性女性にとってまつ毛は目を美しく見せるための大切なものです。
長くてフサフサしている状態が理想的なようですが、年齢によって状態も変化してきます。
年齢を重ねると抜けやすくなり、痛みに弱くなるので、早めのケアを行うことが必要です。
ケア方法はサロンで行う専門的なものからご自身で出来る簡単なケア方法まで様々です。
今回はご自身で出来る方法を考えていきましょう。
ポイントは3つです

(1)力を加えない
(2)ケア用品を使う
(3)しっかりとメイクを落とす

(1)についてです。
まつ毛は様々なところからダメージを受けます。
目が痒くて掻いてしまう、メイクを落とすとき、メイクをする時など多くのシーンでかなりの力がかかります。
メイクを落とすときにゴシゴシと力任せに落としていると、目元の薄い皮膚にダメージを与えるだけではなく、まつ毛も抜けてしまいます。
一度抜けてしまうとなかなか生えにくい場所であり、年齢とともにその傾向が強くなります。
ビューラーも同じくかなりの強い力がかかります。
意識して優しくメイクを落とす、たまにはビューラーをお休みするなどしてまつ毛を休ませてあげましょう。

(2)についてです。
最近ではドラッグなどでトリートメント用品が販売されています。
日頃痛んだまつ毛のダメージを修復する為のものです。
日頃からメンテナンスすることで強いまつ毛を実現することができるでしょう。

(3)についてです。
先ほどはメイク落としの際に力がかかると述べましたが、優しくしっかりと落とすことが大切です。
しっかりとメイクを落とさないと目元に汚れが蓄積されていき、まつ毛の根元にも汚れがたまっていってしまいます。
そのまま放置しているとやがて汚れが沈着していき、取れない汚れと変化して行きます。
コットンなどで優しく押し当てるように落としましょう。

このようにまつ毛を日々メンテナンスすることで、パッチリとした健康な目元を実現することができるのです。

まつ毛関係の記事